GalaxyS5 SC-04FにLineageOS16を入れてみる

素晴らしきカスタムROMの製作者様のおかげで、SC-04F端末にてLineageOS16(Android9 pie)が動作するようになりました!voidz-maguroさんに盛大な拍手と感謝を…。

rootも取れますし、何よりありがたいのが、SIMロック解除しなくても、MVNO回線でも自由にテザリングが出来ることです!自由を感じる…!!ただ、VoLTEには対応していないっぽいので、通話だけは3Gで行うことになるっぽいです。個人的に通話なんてほとんどしないので関係ないです!

前提として

GalaxyS5 SC04Fルート化の軌跡【2019年版】

2019/02/15
  • 上記記事でやったような、TWRPというカスタムROMの導入が前提条件となります。ちんぷんかんぷんな方は上記記事をご参考ください。
  • ぶっ壊れても当方は一切の責任を負いませんですので頑張って集中してやってくださいね。
  • xposedはまだAndroid9をサポートしていません
  • 当方はLINE MOBILEのドコモ回線を使用しています。

必要なもの

gappsのダウンロード方法参考画像

実践

GalaxyS5 SC04Fルート化の軌跡【2019年版】

2019/02/15

以下の手順を見ても全くピンとこない場合は、上記の記事を見てお勉強してください。

  1. ボリュームアップ + ホーム + 電源キーを同時押しで電源起動するとリカバリモードに入る。TWRPが入っていれば起動するので以下の手順を続行する。
  2. 現在の設定をフルバックアップ
  3. 現在のデータをフルワイプ(消去)
  4. インストールlineage-16.0-20181019-UNOFFICIAL-kltedcm.zipを選択して、インストール。
  5. 上記が成功したら、gaapps, superSUをインストールして、祈りつつ再起動。

起動後の諸注意

  • もしも、MVNO回線の場合はモバイルネットワーク詳細設定アクセスポイント名から、APNの設定をきちんとしておくこと。デフォルトでもかなり登録されているが、LINEモバイルのは無かった…w
  • VoLTEが使えないっぽい?ので、そのままだと通話が出来ない。設定でモバイルネットワーク優先ネットワーク を開き、 グローバルに設定しておこう。そうすると普段はLTEで待受けして、電話の際は3Gに切り替えてくれるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。