GalaxyS5 SC04Fルート化の軌跡【2019年版】

結論から言うとネット上に転がっている情報そのままだと動かないこと請け合いです。特に○○をインストールして起動するだけ!系のお手軽root化アプリは動かないどころか、ウィルスの類であると我がESET神が警告していました…

前提

以下のやり方はネット上に転がっている情報とエンジニアの端くれとしての知識経験を生かして書き残したものです。本題に入る前に約束があります。

  • 30分くらい「Galaxy」って表示されてても電池を抜かないこと
  • おサイフケータイは使えないと思ってください。
  • 本手順はrootの取得までです。MVNOでのテザリング有効化、カメラ音消去などなどの目的がある方は別の方の記事も参考にしたほうが良いです。そして私に教えてください…
  • 二度と動かなくなったりしても私は責任を持ちませんです

それでもroot化を目指すという勇者達へ捧ぐ…

必要なもの

詰め合わせを用意しました。いや自分で用意するからええわって人は下記のファイルを集めてください。

  • sc04f用のtwrp
  • xposed-v87.1-sdk23-arm-custom-build-by-wanam-20161125.zip
  • SR4-SuperSU-v2.82-SR4-20170918204844.zip
  • Odin3_v3.13.1

以上のファイルに加え、root化のための環境を用意する必要があります。具体的にはPC、8GB以上の容量を持つmicroSDカード、そしてmicroUSBケーブルを買ってください(強要)

台湾生まれ、Acer謹製のイケメンPC microSD microUSBケーブル

手順の概略

  1. microSDに必要なファイルをコピーしておく(例: /storage/microSD/rooted/ 以下)
    • SR4-SuperSU-v2.82-SR4-20170918204844.zip
    • xposed-v87.1-sdk23-arm-custom-build-by-wanam-20161125.zip
  2. SC04Fの初期化
    • どうあがいても最新の純正ROM(6.0.1)だとtwrpを焼くときに失敗しますので、工場出荷状態に初期化してください。必要なバックアップは各自で行ってください。
  3. superSU, exposeなどを使えるようにするため、odinを使ってtwrpを焼く
    • 赤子が泣いても電池抜くな
  4. twrpを起動してsuperSU, xposedのインストールを行ってから再び再起動
    • 赤子が泣いても(ry
  5. ひたすらに祈れ、さらば開かれん
    • usbケーブルを抜くな!いいか絶対だぞ!

odinを使ってカスタムtwrpを焼こう

スマホ側準備

※ 画像はRoot化 for Galaxy S5 (SC-04F) ※自己責任@まもさんのブログより一部引用させて頂き、圧縮加工したものを掲載しています。

  1. 端末再起動後、ボリュームダウンボタン + ホームボタン + 電源ボタンを押しっぱにする
  2. ボリュームアップキーを押すと、右の画像の状態になるので、PC側の準備をする
1 2

PC側

さあ、祈りの時間です…

※COMはCOMポートっていいます。必ずしも画像と同じ番号でなくても全く問題無いです。

odinを起動して、twrpを書き込みます。logadded!!って出なかったりCOMの部分が空白だったりした場合、正しく接続がされていないか、SC04Fのドライバが入っていないなどを確認してください。APの部分にtwrpのファイルを指定します。以上が画像のとおりになっていればstartを押してください。無事に書き込めた場合、finish的な文字が出てきます。逆に失敗した場合、failって出てきますので、そのときは改めて環境や設定を見直して、スマホ側も一度リセットします。電源を長押ししてもう一度再起動して、先の手順で同じ画面に戻すようにしてください。

SuperSU, exposeのインストール

無事焼き上がったら、いよいよroot権限を取得する工程に入ります…これより先に進む方は、全ての希望を捨てて下さい

改めて端末を再起動します。今度はボリュームアップボタン + ホームボタン + 電源ボタンを押しっぱにします。さっきと似たようなコマンドなのですが、ちょっとだけ違うので気をつけてください。

  1. 任意ですが、Settingsから日本語化することが出来ます。
  2. twrpのUIが立ち上がるので操作していきます。installをタッチする
  3. microSDに打ち込んでおいたSR4-SuperSU-v2.82-SR4-20170918204844.zipを選択してインストール。
  4. microSDに打ち込んでおいたxposed-v87.1-sdk23-arm-custom-build-by-wanam-20161125.zipを選択してインストール。
  5. 両方共インストールに成功したら、右下のrebootを押下して再起動。祈りの時間です…

※ 画像はRoot化 for Galaxy S5 (SC-04F) ※自己責任@まもさんのブログより一部引用させて頂き、圧縮加工したものを掲載しています。

1 2 3 4

30分以上かかるので、ゲームでもやっててください。間違っても電池抜いたりしないこと!

G2A.comなら、stellarisのDLC「MegaCorp」が半額で買えます!セキュリティソフトのキーも呆れるくらい安いですよ

ESET 1year Activation Key(403JPY~) Stellaris(986.00JPY~)

再起動に成功したら…

おめでとうございます!幾多の困難を乗り越えた貴方はrootユーザへの仲間入りを果たしました…。最後に、確認だけしておきましょう。アプリドロワーから、xposesuperSUを起動してみます。

xpose superSU

画面が尿っぽい色なのは、ブルーライトカットアプリのせいです…w

superSUの黄色線部分が有効化されていればOKです。おめでとう~!

終わりに

色々設定も終わったので、本来の目的であったwifiテザリングがやりたくてSIMロックの解除をやろうとしているのですが、さっぱり分かりませんw

どうやらdocomo系の端末はwifiテザリング起動時に勝手にAPNをspmode.ne.jpに書き換えるらしいのですが、設定ファイルはどこなのか…。

どなたか情報をご存知でしたらご教授頂けると幸いです。

とりあえず出来たこと

のちのちまとめます。

  • docomo系アプリの凍結・削除
  • シャッター音の削除
  • フォント入れ替え

既知の問題点

  • 一部アプリの起動が阻害される
    • NFC, Felica, GooglePayなどのおサイフケータイ系
    • 銀行系のアプリ
      • ゆうちょダイレクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。